協働実践研究会

協働実践研究会HPにようこそ!

The Society for Research on Collaboration in Language Learning

支部

韓国協働実践研究会が研究書を出版しました

 

韓国協働実践研究会が研究書を出版しましたので、お知らせいたします。   

 

『協働学習の授業デザインと実践の手引き 韓国の日本語教育の現場から』

韓国協働実践研究会 編著

 

 

目次→こちら

 

推薦のことば(本書裏表紙より) 池田玲子
 本書は、韓国における日本語教育の協働学習(ピア・ラーニング)をテーマとした実践研究のための最初の専門書となると思います。これまで韓国の日本語教育において協働学習に取り組んでこられた実践者や研究者にとっても、これから取り組んでみようと考えている方々にとっても有用性の高い書だと思います。また、グローバル社会を見据えた東アジアの教育改革の動きの中で、日本語教育はもとより、韓国の小・中・高・大学など学校教育全般、あるいは社会の様々な学びの場のあり方にも影響を及ぼす可能性を持つ本になることが予想されます。
 
 

マレーシア支部新代表のご紹介

マレーシア支部で、これまで代表としてマレーシアの協働実践活動
に貢献されてきた木村かおりさんのご帰国に伴い、新代表として
ANG Chooi Kean (アン  チュイ・キエン、洪  翠 娟)さんが
引き継いでくださることになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

【アンさんの自己紹介】
私は1999年度に東京外国語大学を卒業、その後2003年度に政策研究大学院大学・国際交流基金の日本語教育指導者養成プログラム(修士課程)を修了しました。
そして、帰国後はマレーシアの中等学校で日本語教師として働き、2005年から現在までは、マレーシア国内の中等学校の日本語教師養成と共に連続的な専門力の発展に携わっています。
2017年にはマレーシア国立大学において成人教育及び専門力開発の分野で博士号を取得しました。

学習者中心型向けの教育における学習者及び教師同士の協働実践などを通して、マレーシアにおける日本語の普及、及び、マレーシア国内の教育の質の向上に貢献できるように頑張っていきたいと思っています。

 

 

マレーシア支部KLワークショップ(2017年8月26-27日)の報告

マレーシア支部では、第4回協働実践研究会KLセミナー&ワークショップを下記の通り行いました。

The 4th Seminar on Collaborative Teaching and Learningfor Malaysian Language Teachers of Japanese :
Collaborative Learning for Business Communication in Japanese Company

 26th-27th  August 2017
@Capri by Fraser KL, Malaysia(http://kualalumpur.capribyfraser.com/en)

スケジュール(PDF)はこちら
報告書はこちら

 

台湾のワークショップ・日本語教育実践交流会(11月8・9日) の報告をアップしました

協働実践研究会台湾支部の主催で
ワークショップと交流会が下記の通り開催されました.
報告はこちら

 2014110809ikeda0804ーVER2

1日目 2014年11月8日(土)  ワークショップ

テーマ: 協働の理念と実践
講師 : 池田玲子(鳥取大学)、トンプソン美恵子(東京海洋大学)  
               房 賢嬉(お茶の水女子大学)他
時間 : 午後1時30分~5時30分      
場所 : 交流協会 地下1階 文化ホール

 2日目 2014年11月9日(日)  ポスター発表による日本語教育実践交流会
参加申し込み受付中・ポスター発表エントリー募集中です!
  参加申し込みの詳細と発表エントリーシートはこちら

テーマ: 協働、つながり、実践
時間 : 午前9時~12時
  開会の趣旨説明9:00-9:30、
  ポスター発表9:30-11:00、
  振り返りと討論11:00-12:00
場所 : 交流協会 地下1階 文化ホール

 主催

協働學習(Peer Learning)導入日語教學實踐研究社群(台湾)
http://kyodo-jissen-kenkyukai.com

共催 協働実践研究会(日本)

12月20日 北京支部定例勉強会のお知らせ

協働実践研究会 北京支部 (北京協働実践研究会とも呼ぶ)
定例勉強会へのお誘い

 協働実践研究会の定例勉強会が協働実践研究会北京支部により、以下の
要領で再開されます。

 日本語教育関係者の方で、協働学習(ピア・ラーニング)にご興味のある方の
ご参加をお待ちしております。

 協働実践研究会北京支部に参加し、
ともに日本語教育における協働学習の実践について考えていきませんか。

 また、この定例勉強会において、日頃、授業で行っている協働実践を共有し合い、
この集いそのものを、個々の実践をよりよいものにしていくための、
協働の場としてご活用いただけましたら、幸いです。

名 称 :第4回  協働実践研究会北京支部 定例勉強会
日 時 :  2014年12月20日(土) 12:45~14:15(時間厳守でお集まりください)
場 所 :  日本学研究中心(北京外国語大学東院内)4階 405教室
       地理的位置 http://www.bjryzx.org/ryjj/show.asp?id=98

内 容 :1) ワークショップ形式にて、まずは、協働学習実践例を体験。
         振り返り
       2)入門的解説(菅田陽平 北京第二外国語大学外教)

費 用   :無料
参加申し込み:12月17日(水)までに、必要事項を書き、【必ず、以下のアドレス】にお申込みください。

お申込み先アドレス:  bj910pl(a)163.com  ((a) は、@に変換してください)
協働実践研究会北京支部 連絡係あて

 【必要事項 】
1)氏名(日本語漢字)
2)よみがな(日本語よみ)
3)アドレス(日本語が文字化けしないサイトのもの)
4)携帯番号
5)所属機関
6)授業内で協働学習を実践しているか否か  
①現在、実践している
②したことがない。
③したことがある。
④その他

7)協働学習のどのような点に興味があるかと簡単な自己紹介 200文字~300文字程度

この必要事項は、当日、名簿として一覧表にし、会員全員に配布する予定です。
また、協働実践研究会北京支部では、お届けのありましたアドレスを全て、bj910pl@163.comに登録し、
CCにて資料などを送付、交換します。また、また携帯番号を共有することにより、SNSを立ち上げ、
連絡を取り合っていく予定です。

以上、ご了承のうえ、ご記入ください。

参加申し込みのメール発信後、24時間以内に「受け取りました」の返信がない場合は、
お手数ですが、再送して いただけますよう、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
以上、多くのみなさまの、ご参加をお待ちしております。

協働実践研究会北京支部 代表
朱桂栄
北京日本学研究センター

 協働実践研究会HPもぜひご覧ください。
http://kyodo-jissen-kenkyukai.com/

9月5・6日 マレーシアで協働実践研究会KLセミナーが開催されました

第1回 協働実践研究会KLセミナーが
マレーシア支部の主催で開催されました。
日時:9月5日(金)6日(土)
場所:マレーシア クアラルンプール マラヤ大学
内容:講演・ワークショップ
講師:池田玲子(鳥取大学)・舘岡洋子(早稲田大学)