協働実践研究会

協働実践研究会HPにようこそ!

The Society for Research on Collaboration in Language Learning

研究会

第15回協働実践研究会(境港市)のお知らせ(再)

11月22日(金)に境港で行われます第15回協働実践研究会ですが、

プログラムが一部変更されましたので、お知らせいたします。

 

会終了後、懇親会が行われることになりました。

懇親会後は松江駅までの無料バスがあります。

 

懇親会は事前申し込み制ですので、懇親会にご参加される方はお申し込みをお願いします

(研究会は事前申し込み不要です)。

詳細はこちらをご覧ください。

 

それでは、皆様のご参加をお待ちしております。

第14回協働実践研究会のご報告

昨年12月1日に、麗澤大学東京研究センターにて第14回協働実践研究会を開催いたしました。
多くの方々においでいただき、充実した時間となりました。
当日の詳しい様子はこちらをください。

第14回協働実践研究会プログラムと参加申込み開始のお知らせ

第14回協働実践研究会のプログラムが決まりました。

研究会と懇親会のご参加の申し込みを開始いたします。

皆様のご参加をお待ちしております。
詳細はこちら  (チラシ)

【概要】
日時:2018年12月1日(土)
13:00~17:45(開始・終了時間が9月の告知と異なりますので、ご留意ください。)
場所:麗澤大学 東京研究センター
参加費:500円(資料代)
懇親会:2000円(食事代、税抜)​
申し込み方法:以下のURLからお申し込みください。
https://kokucheese.com/event/index/544769/
申し込み締め切り:2018年11月26日(月)23:59

【プログラム】
12:30- 受付
13:00     開会
13:00-15:00 ピアラーニング入門講座 講師:池田 玲子(鳥取大学)
   はじめての方から教師養成・研修を担当される方までどなたでもご参加いただけます。
   *内容は、ピア・ラーニング(協働学習)の考え方、授業デザインの留意点、具体的な実践例などです。
   *増加が見込まれる多様な学習者への授業はもちろんのこと、教師養成授業や研修等をご担当されている方には、本講座の内容を今後の参考にしていただければと思います。

15:10-16:20 協働実践の今1(ポスター発表)
 ◇江原美恵子(早稲田大学)・伊藤奈津美(早稲田大学)・小笠恵美子(昭和音楽大学)・ 鈴木綾乃(横浜市立大学)・中尾桂子(大妻女子大学短期大学部)
  「ことばの力を育む教師の責任―国語教師『大村はま』に学ぶ実践カルテ工房の試み―」
 ◇龔雪(麗澤大学大学院生)
  「ピア・レスポンスにおける母語と目標言語によるインターアクション―コメントの選択を中心にー」
 ◇山田真知子(関西学院大学)
  「日本の就職活動に必要な自己分析―留学生とラーニング・アシスタントの協働的な学びの効果―」
 ◇多田苗美(麗澤大学大学院生)
  「討論型授業における教師の役割とは―ケース学習を例として―」
 ◇坂井菜緒(武蔵野大学)・中川純子(武蔵野大学)・長松谷有紀(東海大学)・服部真子(武蔵野大学)
  「多文化混合クラスの学生をつなぐ協働のありかた―大学初年次授業担当教師の振り返りから―」

16:25-16:50 協働実践の今2(研究会活動報告) 発題者:金 孝卿(早稲田大学)
16:55-17:35 これからの協働実践を考える 発題者:舘岡 洋子(早稲田大学)
17:45   諸連絡・閉会
18:00-          懇親会

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

第14回協働実践研究会開催とポスター発表エントリー募集のお知らせ

第14回協働実践研究会の開催が決まりましたので、ご連絡いたします。
◆日時:2018年 12月1日(土) 10:00~17:00(予定)
◆場所:麗澤大学 東京研究センター(アイランドタワー4階)
    東京メトロ・丸の内線「西新宿駅」に直結、 「新宿駅」西口から徒歩10分

◆プログラム
10:00~12:00 ピアラーニング入門講座 池田玲子(鳥取大学)
12:00~13:00 昼休み
13:00~13:30 協働実践の今 1(研究会活動報告)
13:30~14:10 これからの協働実践を考える 舘岡 洋子(早稲田大学)
14:10~14:40 休憩
14:40~17:00 協働実践の今 2(ポスター発表)

【ポスター発表募集】 上記研究会でポスター発表をしてくださる方を下記の通り募集いたします。
①発表テーマ:「協働何をつないだか」 例)教師間、地域と教育現場…など
②発表時間:70分(参加者と自由にやり取りしていただきます)
③発表応募締切:2018年10月20日(土)23:59
④応募方法:エントリーシートに題目・800字要旨・必要事項を ご記入のうえ、 kyodo.jissen.kenkyukai(アットマーク)gmail.com にメールで お申し込みください。
エントリーシートはこちら
※発表者決定: 11月上旬までにご連絡いたします。
発表が決定された方には、11月20日(予定)までに発表原稿をご提出いただきます(詳細は後日 お知らせいたします)。
皆様のご応募を心よりお待ちしております。  

第13回協働実践研究会プログラムと参加申込み開始のお知らせ

第13回協働実践研究会&科研報告会のプログラムが決まりました。
研究会と懇親会のご参加の申し込みを開始いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。
 詳細はこちら (チラシ ポスター発表詳細
 
◆概要とお申込み
日時:2017年12月2日(土) 10:30~18:00 
場所:早稲田大学日本語教育研究センター 22号館/201室他 
参加費:500円(資料代)
懇親会:2000円@早稲田大学22号館3階ラウンジWILL
申込み方法:以下のURLからお申込みください。
http://kokucheese.com/event/index/492984/
申込み締切:2017年11月15日(水)23:59


◆プログラム
10:00~ 受付
10:30~11:30 平成 26~29 年度科研費補助金基盤研究(B)
「学びの関係性構築をめざした「対話型教師研修」の研究」成果報告
①趣旨説明:舘岡洋子(早稲田大学)
②アジアでの教師研修の広がり:池田玲子(鳥取大学)・岩田夏穂(政策研究大学院大学)
③ティーチング・ポートフォリオの枠組みを媒介にした対話型教師研修の実践
 :金孝卿(大阪大学)・トンプソン美恵子(早稲田大学)
④企業研修を行うための教師研修:近藤彩(麗澤大学)
⑤台湾協働実践研究会報告:羅曉勤(銘傅大學)・荒井智子(銘傅大學)
⑥北京協働実践研究会報告:駒澤千鶴(国際関係学院)・菅田陽平(北京大学大学院生)

11:30~12:30   昼休み
12:30        開会
12:40~13:55   ポスター発表(前半)
 201号室 小畑美奈恵・栗田佳奈(早稲田大学大学院生)
      「「教える」人としての日本語教師-日本語教師の専門性を考える(1)-」など5件
 206号室 広瀬和佳子(神田外語大学)「ピア・レスポンス論文にみる日本語教師の実践評価観」
      など4件
 207号室 後藤美和子(城西国際大学)「持続可能性日本語教育における実習生の学び-

      「内戦」に関する認識の変容-」など3件
14:05~15:20   ポスター発表(後半)
 201号室 木村かおり(早稲田大学大学院生)「マレーシアの日本語教師たちが学び合うためには
      何が必要か-協働実践研究会クアラルンプール(KL)の活動事例から-」など5件
 206号室 Suneerat Neancharoensuk(タマサート大学)「基礎日本語ライティングの授業に

      おける母語話者教師と非母語話者教師の協働」など4件
 207号室 近藤彩(麗澤大学)・龔雪・多田苗美・龔詩棋(麗澤大学大学院生)「日本語教育学を
      専攻とする大学院生の学びの様相-内省のもたらす意味-」など3件   
15:40~17:55   パネル・ディスカッション 「日本語教師の専門性を考える」
  企画者:舘岡洋子 司会者:古屋憲章
   パネリスト:神吉宇一氏(武蔵野大学)・金孝卿氏(大阪大学)・
         近藤有美氏(名古屋外国語大学)・増田麻美子氏(文化庁文化部国語課)
18:00      閉会
18:30~20:30  懇親会 早稲田大学22号館3階ラウンジWILL(会費:2,000円)

 

 

第13回協働実践研究会開催とポスター発表エントリー募集のお知らせ

第13回協働実践研究会・科研報告会を下記の通り開催いたします。

◆日時:2017年 12月2日(土) 12:30~17:35(予定)
◆場所:早稲田大学早稲田キャンパス22号館(予定) 
◆プログラム
12:30~13:30 科研報告会
13:40~15:10 ポスター発表   
15:20~17:35 パネル・ディスカッション「日本語教師の専門性を考える」
パネリスト:神吉宇一氏(武蔵野大学)、金孝卿氏(大阪大学)、近藤有美氏(名古屋外国語大学)、増田麻美子氏(文化庁文化部国語課)


各パネリストに質問:①あなたは日本語教師ですか②なぜそう思いますか
→各パネリストのコメントが入ったチラシはこちら

【ポスター発表募集】 上記研究会でポスター発表をしてくださる方を下記の通り募集いたします。 
①発表テーマ:日本語教師に関するテーマに限ります。 例)教師の協働、教師の成長、教師の学び合い など
②発表時間:90分(参加者と自由にやり取りしていただきます)
③発表応募締切:2017年10月1日(日)23:59
④応募方法:エントリーシートをダウンロードし、題目・800字要旨・必要事項を ご記入のうえ、 kyodo.jissen.kenkyukai(アットマーク)gmail.com にメールで お申し込みください。

発表者決定: 10月中旬までにご連絡いたします。
※発表が決定された方には、11月中旬(予定)までに発表原稿をご提出いただきます(詳細は後日 お知らせいたします)。
皆様のご応募をお待ちしております。  

お問い合わせ:kyodo.jissen.kenkyukai(アットマーク)gmail.com

ハノイ大学主催第12回協働実践研究会実施のご報告(2017年6月5日)

主催:ベトナム支部協働実践研究会(ハノイ大学日本語学部)
場所: ハノイ大学
講師:・近藤彩(麗澤大学)「大学院における研究指導とは―教師の成長に向けて」

   ・金孝卿(大阪大学)「協働実践研究のこれまでの紹介(質的研究方法を中心に)」


報告書はこちら

第11回協働実践研究会・13回外国語授業実践フォーラムプログラム決定のお知らせ

協働実践研究会と外国語授業実践フォーラム合同開催のプログラムが決定いたしました。様々な現場の意欲的な実践と成果について共有できる貴重な機会です。どうぞ皆様、奮ってご参加ください。
参加お申込みはこちら
チラシはこちら

【プログラム】

10:00- 受付
10:20   開会式
10:30-11:30 ポスター発表  
♪201教室
①駒澤千鶴 (国際関係学院)・菅田陽平(北京大学大学院生)・朱桂栄(北京外国語大学)「『協働型教師コミュニティー』における活動から得た『学び』とは―ICTの活用を目指して」
②中野敦 (公益財団法人国際文化フォーラム)・張河林(東京大学大学院生)・張玥(同左)「保護者が中高生、教職員と共に学ぶ中国語と韓国語教育の実践」
③藤原恵美 (早稲田大学大学院生)「日本語学校の対話型授業の問題点と課題―学習者同士の対話を中心とした実践授業からの考察」
④渡邊晶子 (大阪大学大学院生)「高等学校における中国語アクティブラーニングの導入効果」

♪206教室
⑤神村初美 (首都大学東京)・小原寿美 (広島文教女子大学)・奥村匡子 (神奈川大学)・野村愛 (首都大学東京)・金孝卿(大阪大学)・池田玲子 (鳥取大学)「看護と介護の日本語教師研修に『ケース学習』を用いる試み」
⑥鈴木寿子 (早稲田大学)・小浦方理恵 (麗澤大学)・唐澤麻里 (文化外国語専門学校)「自律的成長のための教師研修デザイン―対話的問題提起学習とロールレタリングを行った5年間の継続的協働実践」
⑦橋本 愛 (九州国際大学)「『ゲームで体験 中華圏での生活』すごろく制作プロジェクト」

11:30-12:00 口頭発表①
♪201教室: 中川正臣 (目白大学)・亀井みどり (上智大学)・植村麻紀子 (神田外語大学)「多言語の教師が集まる『参加型研究会』をいかに創り出していくか―参加者の声をもとに活動内容を考える」♪206教室:村元麻衣 (名古屋大学)「マルチメディアを使ったドイツ語授業」

12:00-12:30 口頭発表②
♪201教室:能登慶和 (獨協医科大学)「SNSを用いたドイツ語学習の可能性」
♪206教室:岩崎浩与司 (早稲田大学) 「遠隔対話の場はどのように作られるか―参加者間の働きかけに着目して」

12:30-14:00 昼休み:発表者との「お昼の語り場」
14:00-16:30 合同企画パネルディスカッション@201教室
「学習者・教師の多様性を活かした学習デザイン-『協働』をテーマとした言語教育の環境整備を考える」山下誠 (神奈川県立鶴見総合高等学校)・野澤督 (慶應義塾大学)・本郷智子 (東京農工大学)・金孝卿 (大阪大学)

16:30-17:30 まとめ・諸連絡・閉会のあいさつ

【懇親会】早稲田大学22号館3階WILL
時間:18:00-20:00
会費:2000円
研究会と同時にお申し込みください。

第11回協働実践研究会開催と発表エントリー募集のお知らせ

第11回協働実践研究会を下記の通り開催いたします。
今回は、外国語授業実践フォーラムとの合同開催となります。

◆日時:2017年 2月25日(土) 10:00~17:30(予定)
◆場所:早稲田大学早稲田キャンパス22号館 201室
◆研究会参加費:500円(資料代)
◆懇親会:詳細は後日決定の上お知らせいたします(参加費あり)

【発表者募集】
上記研究会で発表してくださる方を下記の通り募集いたします。
①口頭発表:発表20分、質疑応答10分の形式です。
②ポスター発表:1時間の間に参加者とやりとりします。
※応募状況により、発表形態の変更をお願いすることがあります。

◆発表応募締切:2017年1月16日(月)23:59
◆応募方法:エントリーシートをダウンロードし、 
 ①口頭発表、②ポスター発表のいずれかを選択し、題目・800字要旨・必要事項を
 ご記入のうえ、 kyodo.jissen.kenkyukai(アットマーク)gmail.com にメールで
 お申し込みください。
◆発表者決定: 1月下旬までにご連絡いたします。
※発表が決定された方には、2月中旬に発表原稿をご提出いただきます(詳細は後日
お知らせいたします)。
募集用チラシはこちら


 皆様のご応募をお待ちしております。
 お問い合わせ:kyodo.jissen.kenkyukai(アットマーク)gmail.com

 

2月21日(土)第8回協働実践研究会報告をアップしました

第8回協働実践研究会を下記の通り開催いたしました。
報告をアップしました。

・開催日時 2015年2月21日(土) 13時 ~  17時30分
・場所:早稲田大学26号館702号室

PDF版プログラムはこちら
報告はこちら

【プログラム】

12:30   受付開始
13:00~ 開会、挨拶ほか
 ◇パネル・セッション 13:10~14:55
テーマ:実践の共有によって教師は何を学んだのか
趣旨説明:舘岡洋子(早稲田大学)
パネリスト:
江原美恵子(早稲田大学), 小笠恵美子(東海大学), 神村初美(首都大学東京),
中尾桂子(大妻女子大学短期大学部)
 ◇ポスター発表 15:00~16:15
● 「『正しさ』を求めない場の創出を目指して-『言語教育と実践を考える会』における
二つの実践の試み-」
鈴木綾乃(早稲田大学), 牛窪隆太(関西学院大学), 梅津聖子(拓殖大学), 江原美恵子
(早稲田大学), 古賀和恵(早稲田大学), 佐藤正則(早稲田大学), 山本実佳(国際交流基金)
● 「2014-2015年度協働実践研究会北京支部活動報告-中国における協働による学び
を通して何を目指すのか-」
菅田陽平(北京第二外国語大学), 駒澤千鶴(北京国際関係学院), 朱桂栄(北京外国語大学)
● 「トンガにおける中等教育日本語シラバス及び教科書開発の実践-協働的開発プロセス
から得たもの-」
金孝卿(大阪大学), 三浦香菜子(お茶の水女子大学大学院生)
● 「私たちの現場の問題をどう捉えるか -多様な視点を共有する「滝」-ワークショップ
の報告-」
西山 友恵(東海大学), 久野 由宇子(東海大学)
● 「台湾協働実践研究会の現状及び課題-継続の可能性及び省察的教師成長の可視化-」
荒井智子(銘傳大学), 羅曉勤(銘傳大学), 張瑜珊(新生医護専門学校)
 ◇口頭発表 16:20~17:20
● 16:20~16:50
「協働学習におけるクリティカルシンキングを促す授業の試み-『ただの概念理解』
から『概念の内在化』へ−」  Ohri Richa (千葉大学)
● 16:50~17:20
「協働学習と『新しい評価』の試み-日中2大学における実践報告-」
銭坪玲子(長崎ウエスレヤン大学)  周璞(中国  重慶大学外国語学院日本語科)
17:25~17:30  まとめ
18:00~  懇親会(会場:「ウルトラカフェ」)

12月20日 北京支部定例勉強会のお知らせ

協働実践研究会 北京支部 (北京協働実践研究会とも呼ぶ)
定例勉強会へのお誘い

 協働実践研究会の定例勉強会が協働実践研究会北京支部により、以下の
要領で再開されます。

 日本語教育関係者の方で、協働学習(ピア・ラーニング)にご興味のある方の
ご参加をお待ちしております。

 協働実践研究会北京支部に参加し、
ともに日本語教育における協働学習の実践について考えていきませんか。

 また、この定例勉強会において、日頃、授業で行っている協働実践を共有し合い、
この集いそのものを、個々の実践をよりよいものにしていくための、
協働の場としてご活用いただけましたら、幸いです。

名 称 :第4回  協働実践研究会北京支部 定例勉強会
日 時 :  2014年12月20日(土) 12:45~14:15(時間厳守でお集まりください)
場 所 :  日本学研究中心(北京外国語大学東院内)4階 405教室
       地理的位置 http://www.bjryzx.org/ryjj/show.asp?id=98

内 容 :1) ワークショップ形式にて、まずは、協働学習実践例を体験。
         振り返り
       2)入門的解説(菅田陽平 北京第二外国語大学外教)

費 用   :無料
参加申し込み:12月17日(水)までに、必要事項を書き、【必ず、以下のアドレス】にお申込みください。

お申込み先アドレス:  bj910pl(a)163.com  ((a) は、@に変換してください)
協働実践研究会北京支部 連絡係あて

 【必要事項 】
1)氏名(日本語漢字)
2)よみがな(日本語よみ)
3)アドレス(日本語が文字化けしないサイトのもの)
4)携帯番号
5)所属機関
6)授業内で協働学習を実践しているか否か  
①現在、実践している
②したことがない。
③したことがある。
④その他

7)協働学習のどのような点に興味があるかと簡単な自己紹介 200文字~300文字程度

この必要事項は、当日、名簿として一覧表にし、会員全員に配布する予定です。
また、協働実践研究会北京支部では、お届けのありましたアドレスを全て、bj910pl@163.comに登録し、
CCにて資料などを送付、交換します。また、また携帯番号を共有することにより、SNSを立ち上げ、
連絡を取り合っていく予定です。

以上、ご了承のうえ、ご記入ください。

参加申し込みのメール発信後、24時間以内に「受け取りました」の返信がない場合は、
お手数ですが、再送して いただけますよう、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
以上、多くのみなさまの、ご参加をお待ちしております。

協働実践研究会北京支部 代表
朱桂栄
北京日本学研究センター

 協働実践研究会HPもぜひご覧ください。
http://kyodo-jissen-kenkyukai.com/

9月5・6日 マレーシアで協働実践研究会KLセミナーが開催されました

第1回 協働実践研究会KLセミナーが
マレーシア支部の主催で開催されました。
日時:9月5日(金)6日(土)
場所:マレーシア クアラルンプール マラヤ大学
内容:講演・ワークショップ
講師:池田玲子(鳥取大学)・舘岡洋子(早稲田大学)

協働実践研究会北京支部主催 第7回研究会プログラム

お待たせしました。北京支部主催で行われる第7回研究会のプログラムをお知らせします。 ポスター発表、ラウンドテーブルを通して、協働学習の実践について、いろいろな意見や情報交換ができるよい機会です。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。 ————– ・開催日時 4月27日(日) 午後2時 ~5時 ・場所:北京師範大学 (中国 北京) ・プログラム内容

2:00 開会の挨拶 朱桂栄(北京外国語大学日本学研究センター) 2:10~2:50  ポスター発表

●趙冬茜(北京外国語大学日本学研究センター博士後期課程在籍): 「最近接発達領域(ZPD)による学習方略の変容」

●周璞(重慶大学): 「プレゼンテーション訓練におけるピアフィードバックと内省の分析―ピア・ラーニングを導入した場合―」

●神村初美(首都大学東京): 「ピア・リスニングにみられる留学生同士の互恵的な学びー聴解の過程に注目してー」

2:50~5:00 ラウンドテーブル「なぜ協働学習か」 話題提供

●李同艶(天津財経大学): 「科学技術日本語読解授業におけるピア・リーディングの実践及びその問題点」 ●銭坪玲子(長崎ウエスレヤン大学): 「「新しい能力」・新しい評価という視点から試みる、協働学習、ピア・ラーニングの再検討」 ●菅田陽平(華東師範大学)・駒澤千鶴(北京国際関係学院外語学院): 「課題型ピア活動」から考える作文教育―授業時間外でのピア活動を促す試みとして―」

3:50~5:00 論点整理、グループ・ディスカッション、全体共有 5:00~5:10 閉会の挨拶 林洪(北京師範大学) 5:30~   懇親会