協働実践研究会

協働実践研究会HPにようこそ!

The Society for Research on Collaboration in Language Learning

講演・セミナー

第14回協働実践研究会発表エントリー締め切り日延長(11/3まで)

過日お知らせした第14回協働実践研究会のポスター発表エントリー締め切り日が11月3日に延期されました。

皆様のご応募をお待ちしております。

◆日時:2018年 12月1日(土) 10:00~17:00(予定)
◆場所:麗澤大学 東京研究センター(アイランドタワー4階)
    東京メトロ・丸の内線「西新宿駅」に直結、 「新宿駅」西口から徒歩10分


◆プログラム

10:00~12:00 ピアラーニング入門講座 池田玲子(鳥取大学)
12:00~13:00 昼休み
13:00~13:30 協働実践の今 1(研究会活動報告)
13:30~14:10 これからの協働実践を考える 舘岡 洋子(早稲田大学)
14:10~14:40 休憩
14:40~17:00 協働実践の今 2(ポスター発表)


【ポスター発表募集】 上記研究会でポスター発表をしてくださる方を下記の通り募集いたします。
①発表テーマ:「協働何をつないだか」 例)教師間、地域と教育現場…など
②発表時間:70分(参加者と自由にやり取りしていただきます)
③発表応募締切:2018年11月3日(土)23:59
④応募方法:エントリーシートに題目・800字要旨・必要事項を ご記入のうえ、 kyodo.jissen.kenkyukai(アットマーク)gmail.com にメールで お申し込みください。

エントリーシートはこちら

※発表者決定: 11月上旬にご連絡いたします。
発表が決定された方には、11月20日(予定)までに発表原稿をご提出いただきます(詳細は後日 お知らせいたします)。  

バンドン(インドネシア)セミナー開催とポスター発表追加募集のお知らせ

協働実践研究会・看護と介護の日本語教育研究会・ビジネス日本語研究会が合同でインドネシアのバンドンにてセミナーを開催することとなりました。テーマとセミナー名は、次の通りです。

「アジアと日本における外国人材の雇用と定着を考える」
   インドネシア人の労働と定着促進のための連携・教育研究会in Bandung

○日時 :2018年 9月8日(土)・9日(日) 2日間
○場所:インドネシア バンドン インドネシア教育大学
○開催主体:協働実践研究会  看護と介護の日本語教育研究会  ビジネス日本語研究会  

それに伴い、2日目のポスター発表の発表者を追加募集します。奮ってご応募ください。(募集チラシはこちら

◆募集内容:セミナーの趣旨(チラシの「開催趣旨」ご参照)に合う研究発表・実践報告のポスター発表
◆使用言語:日本語
◆応募資格:協働実践研究会の会員であること(入会がお済みでない方は、協働実践研究会サイトの「入会案内」をご覧の上、お申込みください)

※ビジネス日本語研究会あるいは看護と介護の日本語教育研究会の会員の方は、ご所属の研究会を通してエントリーしてください。
※複数の研究会の会員の方は、一つ研究会を選び、エントリーしてください。同じ内容で複数の研究会を通して応募することはご遠慮ください。

◆提出書類:エントリーシートをダウンロードし、ご記入のうえ、ご提出ください。(必要事項:発表のタイトル、要旨(500-1600字以内)お名前、ご所属、ご連絡先)
◆締切:2018年6月9日(月)午後11時 (結果は、締切後、早急にお知らせします)
◆応募・問い合わせ kyodo.jissen.kenkyukai(a)gmail.com
応募メールの件名は「バンドン発表応募」としてください。

※発表していただく場合、7月中旬までに予稿集(英語の要旨付)の提出をお願いします。
みなさまのご応募を心よりお待ちしております。

 

パネルディスカッションの要旨

いよいよ来週25日は外国語授業実践フォーラムのみなさんとの
共催で研究会が開催されます。その目玉、パネルディスカッションの
要旨をお送りいたします。ぜひ、パネリストのみなさんの熱い議論に
ご参加ください。お待ちしております。

パネリスト:山下誠(神奈川県立鶴見総合高等学校)・野澤督(慶應義塾大学)
本郷智子(東京農工大学)・金孝卿(大阪大学)

パネルディスカッションの趣旨はこちら

【報告】コンケン大学(コンケン、タイ)にてワークショップを開催しました。

2016年8月27日・28日、コンケン大学教育学部第22回日本語教育ワークショップにて、現職の教員や教育実習生を対象とした教師研修を行ないました。詳細は、以下の通りです。

日時:2016年8月27日・28日
講師:トンプソン美恵子(早稲田大学) 
テーマ:「ピアでふり返る日本語教育実践-事例とティーチングポートフォリオを活用した内省の試み-」
参加者:約45名 

一日目は、実践を内省することの意義を確認した後、現地の教育現場に即した事例を活用し、協働的内省を体験しました。事例の問題と解決案をピアで考えることで、実践に対する様々な価値観を知ること、自分たちの教育実践をふり返ることを目指しました。

二日目は、それぞれの教育活動をより全体的にふり返りました。授業に加え、部活の指導やイベント運営など様々な教育活動を全体的にふり返るツールとして、簡易版ティーチング・ポートフォリオ(TPチャート)を用いました。TPチャートの作成とピアでのTP共有を通じ、自分たちの教育観に気づき、その実現に向けて実践の課題と改善案を探ることを目指しました。

 

 

「第1回 看護と介護の日本語教師のための教師研修」(11月19日)開催のお知らせ

「第1回 看護と介護の日本語教師のための教師研修」
が開催されます。皆様、奮ってご参加くださいませ。

日時:2016年11月19日(土) 14:00 –17:00
場所:首都大学東京秋葉原キャンパス
講師:
池田玲子先生(いけだ  れいこ 鳥取大学)
金孝卿先生(キム  ヒョギョン  大阪大学)
内容:「看護と介護の日本語教育に携わる日本語教師のための教師研修」の第1
弾です。実際に看護や介護の現場で起きたトラブル(事例・ケース)を持ち寄り、
これをもとにした話し合い活動の中で解決策を見出していくという「ケース学習」
を行います。

kyoshikensyu_(2016.11.19)
エントリーシートはこちら



主催:看護と介護の日本語教育研究会
共催:協働実践研究会
後援:日本語教育学会
・・・・・・・・・・

台湾のワークショップ・日本語教育実践交流会(11月8・9日) の報告をアップしました

協働実践研究会台湾支部の主催で
ワークショップと交流会が下記の通り開催されました.
報告はこちら

 2014110809ikeda0804ーVER2

1日目 2014年11月8日(土)  ワークショップ

テーマ: 協働の理念と実践
講師 : 池田玲子(鳥取大学)、トンプソン美恵子(東京海洋大学)  
               房 賢嬉(お茶の水女子大学)他
時間 : 午後1時30分~5時30分      
場所 : 交流協会 地下1階 文化ホール

 2日目 2014年11月9日(日)  ポスター発表による日本語教育実践交流会
参加申し込み受付中・ポスター発表エントリー募集中です!
  参加申し込みの詳細と発表エントリーシートはこちら

テーマ: 協働、つながり、実践
時間 : 午前9時~12時
  開会の趣旨説明9:00-9:30、
  ポスター発表9:30-11:00、
  振り返りと討論11:00-12:00
場所 : 交流協会 地下1階 文化ホール

 主催

協働學習(Peer Learning)導入日語教學實踐研究社群(台湾)
http://kyodo-jissen-kenkyukai.com

共催 協働実践研究会(日本)

9月5・6日 マレーシアで協働実践研究会KLセミナーが開催されました

第1回 協働実践研究会KLセミナーが
マレーシア支部の主催で開催されました。
日時:9月5日(金)6日(土)
場所:マレーシア クアラルンプール マラヤ大学
内容:講演・ワークショップ
講師:池田玲子(鳥取大学)・舘岡洋子(早稲田大学)