協働実践研究会

協働実践研究会HPにようこそ!

The Society for Research on Collaboration in Language Learning

韓国協働実践研究会

運営

金志宣(きむ ちそん 梨花女子大学)

曹英南(ちょう よんなむ 高麗大学)

倉持香(くらもち かおり 弘益大学外国語教養学部日本語科)
 

活動報告

2019年度

韓国協働実践研究会が研究所を出版しました。

『協働学習の授業デザインと実践の手引き 韓国の日本語教育の現場から』

韓国協働実践研究会編著、學古房(2020年1月10日出版)

目次

推薦のことば(本書裏表紙より) 池田玲子

 本書は、韓国における日本語教育の協働学習(ピア・ラーニング)をテーマとした実践研究のための最初の専門書となると思います。これまで韓国の日本語教育において協働学習に取り組んでこられた実践者や研究者にとっても、これから取り組んでみようと考えている方々にとっても有用性の高い書だと思います。また、グローバル社会を見据えた東アジアの教育改革の動きの中で、日本語教育はもとより、韓国の小・中・高・大学など学校教育全般、あるいは社会の様々な学びの場のあり方にも影響を及ぼす可能性を持つ本になることが予想されます。

2015年度

12月5日 韓国日語教育学会 2015年度第28回国際学術大会
(共催:韓国OPI研究会・協働実践研究会) 

報告はこちら

2013年度

報告はこちら

2012年度

報告はこちら